いま面白い工場見学ガイド

ハムやソーセージの日本ハム

日本ハムにおいては日本の5箇所に構えられている工場で、工場見学をすることが可能です。

 

北海道ファクトリー・長崎工場・茨城工場・小野工場・静岡工場が該当します。

 

工場見学はいずれも予約制を採用していますが、静岡工場に関しては抽選で決定されますから勘違いしないようにしましょう。

 

工場見学は通路の高低差が見受けられ階段の昇り降りなども避けられないので、車椅子に乗って見学することは叶いません。

 

それから、工場のルールで小さな子どもは見学が許されない場合もあります。

 

個々の工場で、休業日であったり申し込みの締め切りといった事項が一律ではないためチェックを怠らないようにしましょう。

 

茨城工場の下館工房では、ウィンナーソーセージ作りを経験することが可能な体験工房が確保されています。

 

料金が取られることになり、これ以外にも材料の分の代金やエプロンなどの準備が求められます。

 

また、オリジナル商品が売られていたり、ソーセージカフェなど様々な要素が盛り込まれています。

 

工場見学の所要時間は約2時間程度で、最終的には作りたてのシャウエッセンを食べることができます。

 

ウィンナーの手作り体験については長崎の浪漫工房でも取り扱っていますので、どちらか好きな方を選択すると良いでしょう。

 

桑名プラントや関東プラントの工場の場合、餃子をはじめとした加工食品の工場見学を楽しむことが出来ます。

 

必要な時間は2時間程度で、毎週土曜日に見学をすることができます。

 

日本ハムの商品が主役のランチコースは、シェフが力を尽くした料理を楽しむことができます。

 

ポピュラーな食べ物のひとつに数えられるウィンナーの作られる手順を見ることは有意義なことですし、子どもも飽きずに参加できる工場見学として評判を呼んでいます。