いま面白い工場見学ガイド

ウイスキーやビールのサントリー

サントリーで取り扱う工場見学は、ビール工場しかないわけではなく、ウィスキーの蒸留所・ワイナリー・天然水工場などがあります。

 

ビール工場としては、武蔵野・京都・九州熊本の3箇所で見学をさせてもらうことができます。

 

ウィスキーの蒸留所なら、大阪の山崎蒸留所・山梨県の白州蒸留所が該当します。

 

ワイナリーであれば山梨県の登美の丘ワイナリーで、天然水工場に関しては鳥取県の奥大山ブナの森工場・白州工場・熊本工場において工場見学が開かれています。

 

ビール工場についてはプレミアム・モルツが作られる過程を見学し、記念としてビールを貰うことができます。

 

ワイナリーに足を運ぶと、料金がかかりますが、ワインのテイスティングセミナーを受講することができます。

 

天然水工場の場合はどのエリアも自然の豊富なところに存在しているので、工場見学に限らず豊富な自然環境も見どころになるでしょう。

 

全部の工場ではガイドセミナーと一緒になりますので、見学をしつつも様々な解説を与えてもらうことができます。

 

個別の工場では工場見学カレンダーを基準に休業日が設けられているため、ホームページ内で調べておくか電話で確かめておくようにしましょう。

 

天然水工場の鳥取県の奥大山ブナの森工場においては、あらかじめ予約をしなければ取り合ってもらえません。

 

この他の工場に関しては工場見学の予約は特に求められていませんが、予約済みの方が優先されるためできるだけ予約を行って行くのが望ましいでしょう。

 

工場見学のために確保する時間は工場別に違いますが、1時間程度と考えておくといいでしょう。

 

製造工程の見学のみならず、ある時期ごとにイベントなどが実施されています。

 

 


ウイスキーやビールのサントリーエントリー一覧

乳酸菌のヤクルト
ヤクルトに行くことでの工場見学は、日本各地の13箇所で開催されています。工場見学は乳製品以外にも、藤沢市(神奈川県)の場合はヤクルト化粧品の工場を見学させてもらうことができます。工場見学はヤクルト化粧品の場合、およそ1時間30分のコースが設けられています。乳酸菌から作り出された化粧品の生産工程の理解を深められるだけでなく、肌測定や化粧品の体感タイムなどを挙げることができます。また、飲料サービスなども行われていて、豊富なラインナップの工場見学となっています。ヤクルト化粧品の工場見学には制限があり、...
炭酸飲料のコカコーラ
全国の19箇所で、コカコーラの工場見学が実施されています。コカコーラの工場見学をする際の要する時間は60分ほどとなっているものの、参加者の希望で時間の調整が行われることがあります。各地の工場で違う種類の飲み物の製造工程を見学することができますから、深く知りたいという方は全部の工場を見学してみるのも面白いでしょう。京都府に設えられている京都工場なら、独自のツアーがサービスとして提供されています。どの地域の工場でも工場見学が終了すると試飲をすることが可能で、工場によっては記念品を受け取れるケースもあ...